公園のゴミ犬の糞でこまっています

桜が満開になりました。 私たちのまちの片倉城跡公園・時田公園・片倉時田町の広場があります。 多くのお花見のを楽しむ人で賑やかです。近くの幼稚園の園児が、先生に引率され公園で、楽しそうに遊ぶ光景も見られます。犬を連れて散歩しながらという人もいます。 心ない人に困っています。 八王子市公園課・ゴミ減量対策課・ゴミ相談…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安心・安全な町にしよう

地域住民の皆さんが、安心して安全に暮らすことができる地域社会は、警察・消防・市などの行政機関だけで実現できるものではありません。 現在は、地域社会は、昔からの戸建てに比べて、マンションであったり、ワンルームマンション・アパートに占める住民が以前と比べ多くなってきています。そして、価値観も違ってきています。 日ごろ地域の、コミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きがいについて

「生きがい」とは・・・ 一般的には[生きる喜び」「生きる張り合い」の基になる事や物をいうことで、生きがい感は幸福感のひとつと思います。 人それぞれで、「お金」・「責任」・であったり、人の役に立つことに、やりがいを感じる人もいるでしょう。 直接人から感謝されたり、喜ばれることで、人の役に立っていると実感できることに喜びを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境美化は続けることです

いろいろな環境問題が起きている現在、21世紀を生きる私たちは、未来の地球のために、どんなことをしなければならないのか、真剣に考えなければいけません。そのためには、今、自分が生活している地域の現状をしっかり知る必要があります。 私は長こと、ゴミ拾いをしていますが、今までこんな物まで「何にこれ~」と言うものまで捨てられています。例えば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当の幸せとは・・・

本当の幸せとは何でしょうか… 精神的豊かさなのです。お金ではありません、人とのつながりを通して得られる心…愛情、愛着、友情などです。幸せは、心で感じるもので、心があってこそ、本当の幸せを感じます。 人とのつながりを通して得られる心に触れたとき、人は深い満足感を抱きます。人から慕われたり、愛されたり、尊重されたりするとき「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸福とは・・・

考えさせられる「幸福」とは… 「世界で最も貧しい大統領」として知られる南米ウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領(80)が5日、初来日しました。 ムヒカ前大統領の言葉… 「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ。」 「発展は幸福を阻害するものであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼児期に身についたことは常識に

私は毎日、道路・公園などのゴミ拾いを行っていますが、ゴミのポイ捨ては一向に減りません。タバコの吸い殻、弁当の空き袋・ペットボトル・空き缶など、今日も袋一杯になりました。 特に困るのは、ビン(ドリンク剤)を石垣で割る(遊び?)のです。公園で、昨日・今日と二日続けてありました。粉々になり砂に散らばってしまっているので、拾うが大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挨拶をしよう

最近、自治会や町内会などの活動が活発におこなわれていない地域が増え、近所づきあいは昔よりも希薄になってきていると言われています。 自分が住んでいる地域内であったら、挨拶しましょう。 挨拶の効能… ふだん見かけない人に挨拶すると、顔を見られることにより、防犯になります。 また、二度三度会って、挨拶から、ご近所さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時間(とき)の流れ

年をとったせいか…時の経つのが早く感じられて仕方がないです。 アッという間に…一日…一週間…一ヶ月…一年です。スケジュールで一杯の人……そして毎日が何もすることがなく、朝起きてさーて、今日は何をして過ごそうか、考える人もいるでしょう。「時は金なり」で、一日を有意義に使いたいものです。 西洋に伝わるナゾナゾです。 「一本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供の大事な道徳教育

先日、私がゴミ拾いをしている途中に公園で、子どもたちが遊んでいる近くのベンチに空き缶・ペットボトル・パンの空き袋が見えました。 フェンス越しに、大声で… 「そのゴミひろって、私のレジ袋に入れてもて来てちょうだい」いったら 「はい」といって三人の男の子が競争するように走って持ってきてくれました。 「ありがとう…公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

転んでもいいじゃないか

  転んでもいいじゃないか… 生きているのだから、誰でもつまづいて転ぶことがあるさ! 諦めないで、立ち上がって歩こうよ! 泣き笑い…苦しみながら…時に幸福を感じ… 泣きながら笑いながら、転びながら、明日へと進むことだよ! 転んでもいいじゃないか… 人は、道などで何かに足を取られて転ぶことがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町をきれいにしよう

「美しい町にしようよ!よみんなの好きな町だから…」 歩道に散らばるたばこの吸い殻、植え込みの陰の空き缶、公園に残されたファスト・フードなどの包装容器…これら「ポイ捨てごみ」の散乱により、町の美観が損なわれています。 「ポイ捨てごみ」がはらむ問題は、町の美観にとどまりません。たばこのフィルターやプラスチック、金属類などの分解さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

品格もゴミと一緒にポイ捨て・・・

「ゴミをポイ捨てする人、品格もポイ捨て…」立派と思える人が、平気でタバコの吸い殻を捨てて行くのです。 まだまだ低レベルの人格と思うしかありません。あなたの何気ないタバコのポイ捨ては、多くの人が迷惑を感じているのです。 私の住む町は、八王子市ですが、全市内歩行禁煙になっていますが、一向にタバコの吸い殻のポイ捨てが減りま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が強い人

人の気持ち・事情を察すること… グローバル化・情報のスピード化・合理的な考え方で、今の世の中にあっては、「優しさ・思い遣り…」ある人間関係は、“おなざり”(その場しのぎ)になっているようです。 人はそれぞれ考え方・価値観が違います。その価値観の違いを、「できる限り認めあう心」が、社会を構成する重要なポイントの一つであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きている・・・感謝する心

いつも当たり前にある“空気”で生きていられることですが、空気があるのが当たり前すぎるため、気に留めることがなく、感謝の念も湧きません。 宇宙の数え切れない星がありますが、空気と水の存在する星は、科学の発達した今でも確認されていません。この地球に生存する生物は空気(酸素)と水・太陽があって生きていけるのです。ここ(地球)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国の医療費増大で思う

「医療費、14年度は初の40兆円 診療報酬の削減焦点」 厚生労働省がまとめた2014年度の医療費が2日、分かった。患者負担と保険給付を合わせた総額は40.0兆円と前年度より7000億円増えた。増加は12年連続で、40兆円台に乗せるのは初めて。 高齢化で治療を受ける人が増えていることが主因だ。医療の公定価格にあたる診…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核兵器はなぜ必要か?

何のための核兵器なのでしょう。抑止力のため? 一発の核ミサイルが発射されれば、瞬時にして大量の核ミサイルが飛び交う状況になるともいわれています。もし核戦争となったら、敵国はもちろん、自国も滅びます。それだけではありません、関係ない国…いや地球全体に被害が及ぶでしょう。 大量の核兵器が使用された場合、爆発や放射能の直接的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴミのポイ捨てはやめましょう

「天を仰いで唾する」という諺があります。 天に向かって唾をすると、それが自分の顔にかかってくることになるように、他を害するような行為をすると、かえって自分自身が害を蒙ることになるということです。 公共の場の道路や、公園・みんなの広場などに、不要なものを無神経にゴミを捨てて、汚す行為が自身を汚すという結果になって還ってくるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくら前線と北海道の真夏日

北国へ さくら前線 駆け上る 今年(2015年)の桜前線はポカポカ陽気と共に例年にないスピードで駆け上り…4月22日に札幌で早くも開花宣言がされました。これは至上2番目に早い開花だそうです。 例年の平均見頃はGW前後という事が多いというのに、驚かれた北海道民の方も多いのではないかと思います。 「日本列島、4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅たちのとき

「世間(世の中)を 憂しとやさしと思えどども 飛び立ちかねつ 鳥にしあらねば」…万葉集、山上憶良… 私は、多感な子供の頃を思い出しますが、小学校から中学校・高校そして別れ別れて行く…三月は出会いと別れ、旅立ちの月でもあります。 今、現在を確り生きる…未来に向けて、歩く続ける、過去を振り返りながら… 旅たちの“と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more